ぼくたち、わたしたちの未来、勉強中です!

7期生

横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩12分、つづきの丘小学校向かいにある、緑色の看板が目印の菓子工房スグーリ。オーナーシェフの須栗さんは、専門学校を出たあと、有名店などで修行を積み、1997年に自分のお店をオープンしました。

お店の中に入ると甘い匂いが漂っています。ショーウィンドゥの中には須栗さんの工夫と想いがたくさん詰まった美味しそうなお菓子が所狭しと並んでいました。その中でも人気No1のシュークリームは、皮にのせられているカリカリなナッツと柔らかいクリームとの相性もがばっちりです。菓子工房スグーリのオススメ商品は、アイア・シュッケです。アイアシェッケはドイツのザクセン地方の地方菓子で、卵の入ったカスタードクリーム層、凝乳、チーズクリーム、クッキーなどの3~4層で構成されています。

今回の取材ではロールケーキのスポンジ作りを見せてもらいました。最初にたまご、はちみつ、グラニュー糖をいれてたまごを泡立てます。スポンジに甘みを出すためにはちみつを、表面の色を綺麗にするためにはグラニュー糖を入れています。たまごが泡立ってきたら小麦粉を2回に分けてふるっていれます。2回にわけていれることで小麦粉がだまにならず、しっとりとした味わいになるそうです。次に、予め温めていた牛乳を入れて、よく混ぜます。その後、油を少し引いた鉄板によく混ぜた生地を流し込み、180度のオーブンで12、13分じっくり焼き上げれば、ロールケーキのスポンジは完成です。

「1人前(プロ)のパティシエになるにはどうすればいいですか。」と質問しました。

「ケーキ屋さんは、素敵に見えて女の子の夢に多いけれど、立ち仕事が多いし、材料を混ぜるなどの力仕事が多いので、地味な仕事の積み重ねです」。パティシエは正確に分量や時間を測る几帳面さや、一日中工房の中で単純作業を続ける忍耐強さ、また仕事中はずっと立ちっぱなしで、さらに重い食材や鉄板なども運びます。パティシエは体力に根性、そして情熱が備わっていなければ、続けることが難しいかもしれないです。しかしその分、自分の作ったものをお客様が美味しい、といってくれた時は大きなやりがいを感じることができのだそうです。

取材で、ケーキを作るときの工夫や秘密をたくさん知ることができました。商品と名札も、絵や写真を入れて、より分かりやすく工夫されていました。お客さまに対するおもてなしの心と温かい気配りが、お客様に愛されている理由だと感じました。これからの菓子工房スグーリのお菓子にますます期待です。

菓子工房スグーリ http://www.kanto-cake.com/kanagawa/sugoulie/… 続きを読む

センター南の広場にいると、ときどき、カラーンカラーンと鐘の音が聞こえてきます。それは結婚式場「アニヴェルセル ヒルズ横浜」からの幸せあふれる鐘の音なのです。

アニヴェルセルという社名は、フランスの画家シャガールが描いた“記念日”を意味する「アニヴェルセル」という絵に由来するそうです。

建物の中には大きなチャペルがあります。何枚ものステンドグラスと約120人座れる椅子はヨーロッパに実在した教会の調度品を譲り受けたものです。白と青に統一された大きなチャペルは、とてもきれいで夢の中にいるような気持ちでした。チャペルの階段で行われる挙式はアニヴェルセルオリジナルで、オルガンの奏者や聖歌隊もいます。結婚式には、赤ちゃん連れのお客様もいますが、赤ちゃんが泣いてしまった場合、チャペルの横にマジックミラーの小部屋があり、その窓から式の様子が見えるようになっている、などの心遣いもありました。 アニヴェルセル ヒルズ横浜には、ウエディングプランナーがいます。ウエディングプランナーとは結婚式の打合せをしたり、当日の結婚式に立ち会ったりする仕事です。ウエディングプランナーの仕事は、新郎・新婦のおもてなしの気持ちが、招待したお客様に伝わるように、しっかり準備するお仕事です。

挙式後、ガーデンパーティができる場所があります。テントもあるので雨でも楽しむことができます。 … 続きを読む

都筑区勝田町にある、国の重要文化財「関家住宅」を取材しました。いつでも見学できる施設ではなく、年に1回ほど、横浜市教育委員会を通して、見学のイベントを行っています。今回お願いして、特別につづきジュニア編集局が取材させてもらうことができました。

「母屋」は築400年以上にもなります。15年前に、大規模な解体修理をしたそうで、その修理には、約3年もかかり、建築当時のようすが再現されました。その母屋に上がらせてもらうことができました。建物は1本の木を自然のまま梁に使っていたりと、すばらしい建築技術だということがわかりました。

当時のヤリや弓もそのままの形で保存されていました。主屋は、田の字の形に仕切られていて、その隣に「書院」という建物がありました。書院は昔、応接間として使っていたそうで、特別なお客さましか 入れなかったそうです。裏庭には、井戸もあり、災害などで、断水した時には、水を飲んだりできるそうです。 庭や主屋の面積を合わせると、1万㎡もあり、昔であれば、ひとつの町ができるくらいの広さです。

 

ここを保全していくために、地域の方にも協力してもらっているそうで、関さんは、そのボランティアの方達に感謝するために、母屋にある土間を使い、敷地内で取れたタケノコを煮たりすることもあります。つい2年半ほど前までは、ご案内いただいた関篤己さんのおとうさまが母屋住んでいたそうで、建物が活き生きと使われていることがすごいなと思いました。都筑区の宝物として、ずっと残してほしいと思いました。

記事:村田… 続きを読む

ジュニア編集局は、石巻日日こども新聞のこども記者との交流を中心に、東北とつながっています。1月24日、中川駅の住宅展示場ハウスクエア横浜 の中にある「シェアリーカフェ」で「なみのおと」という映画の上映会を、ジュニア記者の中島万賀さんがレポートしてくれました。 シェアリーカフェで行われた「なみのおと」上映会のようす

 

東北記録映画三部作のうちの第一部「なみのおと」は津波被害を受けた三陸海岸付近に住んでいる夫婦、姉妹、友 だちどうしの対話をとり続けたものです。 私がとくに印象に残った話は、津波に流され家と事務所を失った夫婦の話です。 家ごと津波に流され最後には筏のような状態になってしまったというお話に、… 続きを読む

アーカイブ
管理