ぼくたち、わたしたちの未来、勉強中です!
ボストンからのレポート、草郷緑彩です。(草郷さんはアメリカに引越し、しました)
アメリカに着いた時、私は日本より寒いなと思いました。とても寒い日は、
氷点下10度を下まわります。
道は凍らないように、毎日塩みたいなクスリが撒かれています。
ボストンはレンガ造りの家が多いです。
今は現地の学校に通っていて、小学校は5年生までなので、
日本の6年生だった私は突然中学生になりました。


学校の写真です

学校に通う前は1週間に8本も予防接種を打たなけらば行けなかったので大変でした。
私が注射を打っている時に、「なんか腕が痛いな〜」と思い恐る恐る見てみたら、
血が垂れていて、泣きそうになりました。
2日に分けて行ったので月曜日に4本、金曜日に4本打ちました。
打った後は全然腕が上がらず痛かったです。
予防接種が済んだので、学校に行けるようになりました。

学校に行く途中、私はよく七面鳥やリスを見かけます。

普通に、道のど真ん中を歩いていたりするので、初めて見た時は、まるで動物園だなと思いました。

アメリカの学校は日本とは違い、始業時間が早く、7時50分には到着します。
みんな自分用のノートパソコンを学校から貸し出されていて、教科ごとに教室を移動します。
そして2時間目の授業中に、「スナックタイム」という時間があり、みんなその時間にお菓子
を食べてから、授業を受けています。
私は、英語とスペイン語、選択科目はコーラスを専攻しています。
算数は、問題自体は難しくないのですが、まるで脳トレのような難しさで、手こずる事があります。
学校の人達はみんないい人でいじめがありません。
授業中に黒人の子と白人の子がよくふざけて遊んでいます。
ですが、先生は軽く注意をするだけだったので、それだけ?と、びっくりしました。
いじめがないのは、色んな人種の人がいすぎて、感じ方が違いすぎるからと、人種差別という
事を感じない学校の雰囲気があるからだと思います。
私が通っている学校はこんな感じです。
私はまだ英語が全然喋れませんが、同じクラスの日本人の子にサポートしてもらって、
なんとか1日を乗り切れています。
本当にみんなに良くしてもらっているので、私も自分より後にきた子に優しく教えて
あげたいと思います。
アーカイブ
管理