ぼくたち、わたしたちの未来、勉強中です!

事務局

著作権保護のため、ブログ上の記事には図や写真が含まれていません。図と写真が入ったオリジナルの記事は、PDF文書でご覧いただけます。 PDF版「鶴見川の魅力と暴れ川の過去」

皆さんがサイクリングやウォーキング、電車からきっと見たことのある『鶴見川』。 今回はこの川の魅力と暴れ川の過去をご紹介します。 続きを読む

11月7日に都筑区で区政15周年式典が行なわれました。どんなことをするのかぜひみたいと思ったので取材にいってみました。

最初は、実行委員長栗原やすしさんがあいさつされました。 次に、来賓祝辞では都筑区長吉田さんと議員さんなどがお話をしました。 続きを読む

2009年11月28日(土)、ジュニア記者のメンバーは、ライトダウンイベント「キャンドルナイト~都筑ヨコハマ」にボランティア参加し、体験しながら取材をしてきました。 このイベントは、センター北、センター南の広場で行われ、大型商業施設のライトダウンと共に、たくさんのキャンドルの明かりが灯されました。目的は、いつもつけている電気やテレビを消してゆったりとした時間をすごし、地球のことや環境のことを考えるということだそうです。 センター北の会場に着いて、私たちがまず行なったことは、キャンドルナイトのチラシ配りです。その後に、キャンドルの準備をしました。 イベントに参加していた人にインタビューをしてみました。親子で来ていた参加者は、新聞の広告でこのイベントを知って、今年が初めての参加だったそうです。このイベントについて、お母さんは「幻想的でいい。家が近くなので、来年も来たい。」と言っていました。また、別の参加者は、「とてもきれい。けれど、明るかったから、もうちょっと街の電気が消えたらよかったと思う。」と言っていました。 私も初めての参加だったのですが、キャンドルがとてもきれいで、このイベントに参加して心が落ち着いたなあと思いました。

キャンドルナイト~都筑ヨコハマについて詳しくはここをクリック

(記事と写真 門脇ひかる)

2010年3月7日、つづき人交流フェスタが行われました。午前10時から午後3時までの5時間、会場だった都筑区役所の1階ホールには、たくさんの都筑の人々が集まり、にぎわいました。

私たちジュニア記者は、つづきジュニア編集局のパネルを展示し、一年間の活動の集大成である広報紙「つづきジュニアタイムズ」と、来年のジュニア記者メンバー募集のチラシを配布しました。

配布中、笑顔で受け取ってくれたり、私たちの配ったものを見てくれている人を見かけたり、活動についてたずねてくれる人がいたりして、とても嬉しい気持ちになりました。 続きを読む

都筑区センター南にある「パルティーレ横浜ウエデイングビレッジ」は、外からみていても、とてもきれいです。今回、つづきジュニア編集局が選んだ都筑のおすすめスポットに選ばれたので、ジュニア記者を代表して、大河原ひなたと西松美和が取材にいってきました。

外側からみてもきれいだったのですが、中もとてもすてきでした。中に入って行くにつれ、自然と笑顔になってしまいます。チャペルには、イギリスから取り寄せたイスや100年前のステンドグラスがありました。 続きを読む

横浜開港150 周年・都筑区制15 周年の節目(ふしめ)にあたる2009(平成21)年に、「つづきジュニア編集局」が生まれました。 子どもたち(ジュニア記者)が、子どもの目線と力をフルに活かし、横浜や都筑の魅力を取材して、記事を書いています。 都筑区に在住・在学の、小学校4 年生から高校2 年生までのジュニア記者たちが活動しています。

いままでブログで発信してきましたが、今回約1年間の成果を新聞にまとめました。… 続きを読む

アーカイブ
管理